HOME>トピックス>融資を受ける際に知っておきたい貸付の種類

金利が安いのが魅力

電卓と書類

手形貸付では金利が低く設定される傾向にあるのが、大きな特徴です。具体的には借り入れを行う機関によっても変わりますが、だいたい3%程度を目安に考えると良いでしょう。自社の信用次第では更に金利を抑えることも可能です。相場で言えば証書貸付よりも低金利なのが一般です。

借り入れできる額

男性

短期での貸付に含まれる手形貸付では、金利が安くて返済期限も短い分、借入額は少なめになる特徴があります。実際の額については返済能力に応じますが、基本的には1年で返しきれる額と考えて良いでしょう。したがって、一時的ですぐに返済できるようなシチュエーションで役立つと言えます。

手数料は発生するのか

金利の他に気を配っておきたいのが、手形貸付実施の際に発生する手数料についてです。金融機関によって色々な形があり、手数料は金利に含有される場合も考えられますが、別個で請求されるケースもあります。元金が少額になるので手数料も低額におさまるケースが基本と考えられるものの、借り入れの際には気をつけて確認しておくのがおすすめです。

評判はどうなのか

短期・少額の借り入れ手段として定評があります。金利負担が少ない点と長期での借り入れに比べて銀行の評価が良好な点は特に評価されているようです。このような特徴から利用されるケースは増えているようで、手形貸付に対応している金融機関も増加傾向。銀行としても貸し倒れリスクを低減させることができますから、事業経営においては比較的気軽に借り入れを行いやすく、資金調達手段として有用性は高いと言えそうです。

広告募集中